弁護士を頼る

示談交渉
画像引用元(交通事故示談交渉相談 / アディーレ

弁護士の仕事は法廷で検察とやりあうこと、と思い込んでいる方もおられるでしょうが、実際の弁護士の業務は多岐にわたります。交通事故問題の解決も弁護士の領分ですし、この分野を得意としている弁護士もたくさんいます。そのため、交通事故被害に遭った際の示談交渉は基本的に弁護士に任せるのが吉です。煩わしい交渉は弁護士が代行してくれますし、保険会社から一方的に症状固定だと言われて治療費を打ち切られるようなこともありません。万が一打ち切られたとしても後からかかった治療費を請求することもできます。

基本的に保険会社はできるだけ少ない示談金で済ませようとしていますし、さまざまなテクニックを使ってきます。慰謝料に関しても任意保険会社基準を用いて計算しますが、この任意保険会社基準だと裁判基準よりも安くなってしまうのです。弁護士に依頼すると過去の判例などを参考にする裁判基準を用いて計算しますから、単純に示談金の額をアップさせることが可能になるのです。多くの方が交通事故に遭ったときは弁護士を頼ったほうが良いと口にしているのにはこうした理由があります。弁護士に相談してから正式に依頼することで保険会社に言いくるめられることもなくなります。

症状固定は慎重に

症状固定症状固定とは、交通事故で受けたケガの治療効果がそれ以上見込めず、今後悪化する可能性もなくなったという状態を指します。つまり、読んで字のごとく症状が固定された状態をこう呼ぶのですが、多くの保険会社はこの症状固定を急かす傾向にあります。症状が固定されたとなるとそれ以上の治療は必要ないということですし、保険会社としても出費を抑えることができます。当たり前の話ですが保険会社はなるべくお金を出したくありませんし、可能な限り少ない治療費しか支払いたくないと考えているのです。だからこそ症状固定を急かしてきます。

ここであっさりと症状固定を認めてしまうとそこで治療費が打ち切られてしまいますし、その後治療費を支払ってもらうことはできません。このようなことにならないためにも、症状固定には慎重になる必要があります。主治医の先生が症状固定だと断定したのならそこで決まりですが、保険会社が言ってくる時点ではまだ症状固定ではありません。安易に認めてしまうとどうしようもなくなってしまいますから注意が必要です。また、示談書にサインをするときには事前にしっかりと内容を確認しなくてはなりません。示談は一度限りですから二度はありません。

交通事故の示談

交通事故の被害者には誰もがなってしまう可能性がありますし、絶対に自分は事故など巻き込まれないと思っていても事故の当事者になってしまうことはよくあります。自分がどんなに気を付けていたとしても相手のミスや不注意で事故に巻き込まれてしまうことがありますし、それが原因で最悪命を失ってしまうこともあります。身近に潜むもっとも大きな脅威と言っても過言ではない交通事故ですが、万が一ケガなどが少なくても事故後には面倒な示談も待っています。

示談交渉交通事故被害に遭ったときには示談交渉も必要となってきますが、面倒くさいからとすべて保険会社任せにしている方も少なくありません。素人では口を出せないと思っている方が多いですし、煩わしいからと全部保険会社に任せているケースが非常に多いです。しかし、保険会社に示談交渉をすべて任せてしまうと損をしてしまうことが多いですし、本来もっと貰えるはずだった示談金が少なくなってしまうということもよくあります。

ここでは、交通事故被害に遭った際の示談交渉に関するポイントをいくつかお伝えしたいと思います。基本的に交通事故の示談は一度きりとなりますし、失敗してしまうとそこで終わりです。後から何を言ったところで受け付けてもらえませんし、それだけにきちんと示談交渉を詰めていく必要があります。今はまだピンとこないかもしれませんが、今後いつ交通事故の被害に遭うか分かりませんからぜひここでお伝えする内容を覚えておいてください。