症状固定は慎重に

症状固定症状固定とは、交通事故で受けたケガの治療効果がそれ以上見込めず、今後悪化する可能性もなくなったという状態を指します。つまり、読んで字のごとく症状が固定された状態をこう呼ぶのですが、多くの保険会社はこの症状固定を急かす傾向にあります。症状が固定されたとなるとそれ以上の治療は必要ないということですし、保険会社としても出費を抑えることができます。当たり前の話ですが保険会社はなるべくお金を出したくありませんし、可能な限り少ない治療費しか支払いたくないと考えているのです。だからこそ症状固定を急かしてきます。

ここであっさりと症状固定を認めてしまうとそこで治療費が打ち切られてしまいますし、その後治療費を支払ってもらうことはできません。このようなことにならないためにも、症状固定には慎重になる必要があります。主治医の先生が症状固定だと断定したのならそこで決まりですが、保険会社が言ってくる時点ではまだ症状固定ではありません。安易に認めてしまうとどうしようもなくなってしまいますから注意が必要です。また、示談書にサインをするときには事前にしっかりと内容を確認しなくてはなりません。示談は一度限りですから二度はありません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket